鬱診断された後の治療内容【抗鬱剤で治療する】

うつ病の基本を知ろう

カウンセリング

どんな病気か

鬱病になった場合の治療法の一つが投薬で、その場合に利用する物の事を抗うつ剤と呼びます。脳内の神経伝達物質のバランスを整える働きが期待できる薬の事で、上手に利用する事で鬱の症状を軽減するだけでなく、寛解した状態の維持にも役立ちます。ただ抗うつ剤自体は確かに鬱病の治療に効果が期待できる薬として知られていますが、市販されているわけではありません。だから薬局やドラッグストアなどで販売しているわけではないので、どこかで自分で買ってくる事は出来ない薬です。入手する方法の一つとしては、病院に行って診察を受け、必要に応じて医師に処方してもらう方法となっています。医師の診断の結果処方される物なので、自分の体質や体調、さらに鬱の状態等にも合わせて処方してもらう事が出来る様になっています。基本的には2週間分が一度に処方されるので、治療の為に病院へは大体2週間に1回ずつ通う計算となります。また現在抗うつ剤の入手方法としては、海外医薬品の個人輸入を利用する事も可能ですが、この場合は自己判断での薬の服用となります。その為、自分に合っていない薬を利用する事になる可能性もあるので、病院に行って医師の診断後に処方してもらう方がもちろん安全な入手方法です。気分的に落ち込んでしまう、やる気が出ない、体調が良くない、食欲が出ない等がうつ病の諸症状として知られていますが、実際には何種類にも分かれており、それぞれで特徴も違っています。代表的な物としては双極性障害非定型うつ病、さらに季節性惰動障害やマリッジブルー、マタニティブルー等もこれに当たります。双極性障害は躁の状態と鬱の状態が繰り返し起こる状態の事で、どちらかの状態がはっきりしている時も有れば、どちらにも当てはまらない状態の時もあります。季節性惰動障害はある決まった時期になると落ち込んでしまうもの、さらにマリッジブルーは結婚を控えている人が落ち込んでしまう状態の事を言います。つまり、症状が出てくるきっかけはもちろんの事、その場面、さらにその人の置かれている状況等によっても種類が分かれる仕組みです。またうつ病自体はこれ以外にも色々と分ける事が出来る様になっていますが、素人目には落ち込んでいるとか元気がないとしか分からない事もあります。その為、うつ病に対して正しく対応する為にも適切な時期に医師の診断を仰ぐ事が重要になって来ます。またしっかりと診断してもらってどの種類か分かった方が、より効率的に鬱病の治療を進めることが出来ると言うメリットもあります。