安心できる治療方法|鬱診断された後の治療内容【抗鬱剤で治療する】

鬱診断された後の治療内容【抗鬱剤で治療する】

安心できる治療方法

男性

多くの種類の薬があります

鬱病の患者数は年々増加傾向にあります。決して特別な病気ではなく、誰もがかかる可能性のある身近な病気の1つです。一時的な気分の落ち込みは誰もが経験しますが、鬱病になると不快な症状が一日中続きます。不安や焦り、自責の念等の心の症状に加え、食欲の減退や睡眠障害等の身体的症状もあらわれてきます。この様な鬱病に対しての素人判断は禁物です。心の弱さや甘えが原因ではないので、気の持ち方だけで解消しようとすると症状を悪化させてしまう場合があるからです。この病気は明確な診断基準があるので専門医による診察を受ければ、容易に判断する事ができます。診断を受けたら今後の方針についての詳しい説明を受けて治療を開始します。そして薬物治療で使用される抗うつ剤はここ数年で大きな進歩がみられます。かつて主流であった3環系や4環系の抗うつ剤は喉の渇きやふらつき等の副作用が強い事から敬遠される事も多く、治療を困難にさせている理由の1つでもあります。しかし代わり使用される様になったSSRIやSNRIといった新しいタイプの抗うつ剤は副作用が抑えられています。副作用による日常生活への影響を心配する事なく治療を受け続ける事ができるのが大きなメリットです。鬱病と診断された人の脳の中では神経伝達物質のバランスが崩れています。セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミン等の物質が減る事で様々な症状を引き起すと考えられています。これ等の物質の減少を止めるのが抗うつ剤の役割です。薬物療法で使用される抗うつ剤には3環系や4環系、SSRIやSNRI等といったグループに分けられ、数多くの種類があります。それぞれのメリットを生かしながら症状に応じて使い分ける事で回復を試みていきます。そして鬱病は典型的な症状が目立つ大鬱病性障害だけでなく、いくつかの種類に分類されています。症状が変化して当初の診断とは違う病状や病態となるケースも少なくないです。これ等の理由から薬物治療には柔軟な対応が必要ですが、注意しておかなければならい点があります。まず薬の服用を中止したい場合には必ず医師と相談の上で減薬していく事が必要です。症状が改善されたからといって勝手に中断すると退薬症状に苦しまされる事になります。そして抗うつ剤は1度飲んだだけで効果を実感できる薬ではないので、毎日定められた量をコンスタントに服用する必要があります。飲み忘れた時は多少ずれても良いので必ず飲む様にします。個人はありますが、約2週間から1ヶ月で症状を改善させていく事が期待できます。