鬱診断された後の治療内容【抗鬱剤で治療する】

ハート

気分の落ち込みが続いたら

もし鬱病と診断された場合は、抗うつ剤や精神療法など用いて治療が開始されます。ここで使用される抗うつ剤は脳の機能障害を改善するためにもとても重要であり、しっかり服用することが大切です。早期に症状を改善するためにも、医師の判断を仰ぎましょう。

詳しく見る

カウンセリング

うつ病の基本を知ろう

抗うつ剤は病院でうつ病かどうかを診察してもらい、その結果症状や体質等に合わせて処方してもらう事が出来ます。鬱病の種類自体は色々と有りますが、落ち込んでいる等共通している症状もある為、正しく対処する為にも医師の診断は必要不可欠です。

詳しく見る

男性

安心できる治療方法

鬱病と診断された人は、抗うつ剤による薬物治療を受ける事が必要です。新しいタイプの抗うつ剤は比較的副作用が少ないので、安心して利用する事ができます。薬物治療を受ける際には医師からの指導をしっかり守る事が大切です。

詳しく見る

男性

症状が改善されていくまで

鬱の症状が出てから病院で診断をしてもらうまで、病院探しや予約など大変なことはありますが、信頼出来る医師に診てもらうと症状は改善されていきます。焦らず気長に通院を続けて気持ちをリラックスさせながら少しずつ回復を心がけていくことが大切です。

詳しく見る

治療薬や原因について

病院

脳の物質を増やし治療

鬱病と診断されたら、抗鬱剤で治療するのが一般的です。主に使われているのは、SSRIやSNRI、NaSSAですが、患者さんの症状や体質によっては古いタイプの三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬が用いられる場合があります。SSRIは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という薬で、セロトニンだけ分泌を増やす効果を持ちます。副作用が少ないので第一選択薬にしている医師が多いです。そしてSNRIは「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」というもので、セロトニンだけでなくノルアドレナリンの分泌も増やす効果があります。また、「ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動薬」という意味のNaSSAは、最も効果の強い薬です。抗鬱剤には即効性は期待できないので、最低でも2週間は辛抱強く効いてくるのを待つことが大切です。しかし、飲み始めて強い副作用が現れることは珍しくないため、始めは少量から始めて様子を見ます。問題なければ量を増やしていき、十分な量を投与します。それから、抗鬱剤は効いてきても服用を止めないのが鉄則で、鬱病と診断されてから半年は飲み続けことが大事です。それは自然にモノアミンを分泌できるようになるまで、時間がかかるからです。薬の成分が一定量以上体内にあることが大切なため、飲み忘れにも注意してください。近年、新型鬱病と呼ばれる新しいタイプの症状が出てきていますが、鬱病は一般的に定型鬱病のことを言います。ひどく落ち込んだ気持ちが長く続くのが、この病気の特徴です。一時的な落ち込みは誰にでも起こるもので、大抵は心配ない症状です。しかし、その落ち込みの程度が一定以上であると判断された場合に、鬱病と診断されます。国際的基準に則って診断されるので、医師によって診断が異なることはあまり考えられません。この病は、環境要因や身体的要因など、様々な要因が合わさり発病するとされています。発病の原因は明確にはなっていないものの、患者さんは脳の神経伝達物質であるモノアミンが減少していることが共通点です。また、モノアミンの中でもこの病に関係する物質は、セロトニンやノルアドレナリンだと考えられています。それから、発病するきっかけとして多いのは、過度なストレスがかかったときや、ストレスが蓄積されたときなどです。ストレスは人間関係によるものだったり環境の変化からくるものだったりし、それは悲しい、嫌な出来事とは限りません。そして、真面目な性格で責任感が強く、社交性の高い人が鬱病に罹りやすい傾向にあります。それは自分の限界を超えるまでがんばり過ぎてしまうからです。